NEWS & BLOG

小さい頃 首輪が外れて ついてきた飼い犬が

授業中 サッカーボールを

誰よりも先に取ってしまい、恥ずかしさと 罪深さを感じた記憶

 

 

今日、道路を並走して走る柴犬を

(正確に言うと)

並走途中に疲れて 脱線した犬を

見つけてしまった・・・

「かわいそう! 可哀そう!! 赤いヒモ引きずってる!!」

娘が騒ぐもので、しかたない。 探し回った。

 

いないね・・ホッとしたのは 束の間で

目ざとい娘が

赤いリード犬に引きずられている 小学生3人を発見した。

 

ものすごい勢いで近所の交番に 全員行ってしまい

30分待てど、帰ってこない(-_-;)

 

仕方なく、近所の有料駐車場に停めて

交番へ

見れば「犬鑑札44 3000(仮)」

「あの・・首輪に札がついてるから 保健所に問い合わせしたら

わかるんじゃありませんか?」と言うと、

おまわりさん、紙を2枚持っていて、

「○○物か 拾得物かで 手続きが変わるんですよ。」と

書類を書いている。

「え?」意味が分からず聞き返すと

「拾い主が、落とし主が見つからなかった場合の対処次第で

書類が変わるんですよ。」

 

・・・(書類のはなし?)

 

「だから! 保健所に問い合わせが先じゃないですか?

見つかれば、もう話は早いでしょ・・・ 早くしないと閉まりますよ・・」

時計を見ると 17:50(ダメだわー)「急がないと閉まりますから!」

 

「落とし主が見つからなかったら、飼えますか?」

思わず喧嘩腰で、

「飼いますよ! 飼います!」

イラついてしまった。

「私が保健所に電話して問い合わせるのは いいんですね!?」

 

聞いていた先輩おまわりさんが 私の鬼の形相を見て?受話器を取った?

 

結局、発見してから2時間。

保健所の方が 犬を引き取りに来て

「殺されませんよね!?」と訊く私に 言ってくれた。

「大丈夫ですよ。飼い主、わかりましたから。

お返しは明日になりますけどね」

 

おまわりさんも、

「私も犬を飼っているから 気持ちはわかります。」

 

【其の位にあらざれば 其の政を謀らず】

私の分かり得ない事情が あるんですね。

 

結局、

責任感の強い小学生と 飛び出した娘を追いかけるために

車にいてくれた明星の学生さん二人と、

偶然通りかかり不在交番にお巡りさんを呼んでくれた主婦の方、

保健所の方と、おまわりさんと、

PASMOを拾って届けに来た男性と

遅刻して習い事に入った娘に「飼い主見つかった!?」と訊く先生と。

 

やさしい日本を感じた2時間でした。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。