NEWS & BLOG

佐伯から高速で帰ってくる途中、

書類を税理士さんに渡す用事ができました。

「宮河内インターで降りたら、事務所に近いですよ!」というので

初”宮河内”しました。

インターを降りて電話すれば、そこまで来てくれるというのです。

 

しかし、事務所はインターから降りてもずいぶん先です。

「わかりました!」と電話(ハンズフリー)を切ったけど、

わざわざ来てもらうのは申し訳ない・・・(>_<)

 

行ってしまえー🚗💨

インターを降り、事務所の住所をナビに入れて、ズンズン進んでいると

電話が鳴りました。

『高清水さん!今どちらですか?』

「はい!事務所に向かってます!」

『え!!私はもうインターまで来てますよ』

 

・・・

こういうのを”行き違い”と言いますか?💦

田園風景に僅かに見える目印情報を伝え

なんとか会えましたが

税理士さん曰く、

『この時間帯は、この先がものすごく混むんですよ。だから

インター下で良かったのに😅』

 

帰りながら ある小説を思い出していました。

オー・ヘンリーの 賢者の贈り物 です。

貧しい一組の夫婦が、クリスマスの贈り物をしようと
夫は自分の懐中時計を質屋に入れてクシを買い
妻は自分の長い髪を切って売ったお金で、時計の鎖を買う。
出会った二人には無用の長物となった 2つの贈り物・・・という

甘く、切ない物語です。

 

税理士さんと私の場合は そういう意味の”愛”はありませんが(笑)

渋滞にはまらないように&ご足労いただかないように という

それぞれのちょっとした思い”あい”が

一緒だなあ~ と思った宮河内インターチェンジ のはなしデス。

 

コメント

    • kめら
    • 2019年 9月 25日

    離会(りごう)したんやな。
    離会(りごう)っち大分弁なんで。

      • Rinako
      • 2019年 9月 29日

      知りませんでした! しかも”離”・・不思議な漢字を当てるんですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。