NEWS & BLOG

小さい頃、喉元に魚の骨が刺さって

何度か「へ!ホヘ!へ!」としたことがあります。

または、喉が痒くて「ハ!」「ホヘ」「ゴッ」といった

喉の奥を揺らす感じでしょうか。

「r」はそんな発声です。

最もフランスらしいのが「R」✨

だから、フランス語でありがとう「merci」は

「メシー」ではなく、「メシィ」と言いたいところです☺

耳をくすぐるような口先で「フ」と言うのではなく

寒さでかじかんだ手を喉の奥の熱で温めるように「ハー」。

ついでに、魚の骨を取るようにして「メーシィ」

あるいは、森進一さんの「冬のリビエラ」のサビの部分「ウフゆのリビエラ~♩」

例1)merci  メシィ

例2)pierreさん ×ピエーさん ○ピエーさん

例3)paris  ×パ ○パ

例4)シャンパン「ドン・ペリニヨン(pérignon)」 ○ドン・ペニョン

一部のフランス語の辞書では、

L(ラリルレロ)に対して、Rは発音が違うためR(らりるれろ)と

わざとひらがなで書いているものもあります。

merci 【メるシィ】 という感じです。このひらがなを見たら

喉を鳴らすようにして「ホ」「フ」(中間的な音)を🎤お願いします。

・・・

あれ!? merci の e はアクサンが付かないから「エ」って

読まないんじゃなかったの? ・・・についてはまたいずれ!

Cours de Français ワイン名をフランス語で読む旅
1.é 「エ」 eの上に点がつくと、「エ」と読む
2.rはエー「ハ」と読もう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。